アパート経営

  • ホーム
  • アパート経営
  • アパート経営の6つの大事な要素

    私的年金・節税対策・副業に
    私的年金としてアパート経営が選ばれているのはなぜですか

    不アパート経営は長期にわたって安定した収入が見込めますので、私的年金を確保する手段として注目を浴びています。

    現行の年金制度は、改定が繰り返される中で、保険料は引き上げられ、反対に受給額は引き下げの流れとなっています。このような社会不安から、アパート経営が注目されています。

    また、老後のためだけではなく、給与所得とは別に不動産所得を増やし、会社の倒産、病気、事故、けがの自己防衛として考えられます。

    節税対策になりますか

    相続の場合、不動産を利用することにより、相続税の評価が下がり、納める相続税が実質的に安くなります。

    また、アパート経営をする上で必要となる経費(減価償却費、固定資産税、都市計画税等)は経営での必要経費として認められているため、確定申告することにより控除対象となります。

    副業として可能ですか

    昨今、政府は「兼業・副業」や「雇用契約にとらわれない働き方」など柔軟な働き方の促進を目指しております。

    しかし、実際には、「時間がない・ビジネススキルがない・本業がおろそかになる」などの問題があります。

    そのような中、副業としてのアパート経営が注目されています。弊社では、管理業務を一括してお任せいただくことにより、賃貸募集、清掃等のことでオーナー様の手を煩わせることはございません。

    また、オーナー様のビジネスパートナーとして、オーナー様と経営戦略を一緒に考えさせて頂いております。

    安定したライフスタイルを求めてアパート経営を始められるオーナー様のお手伝いをいたします。

    ますはお気軽にお問合せください

    • 物件情報
    • 個別無料相談

    アパート

    • 物件情報
    • 個別無料相談
    • リブゼ
    • プリモ
    • リプロ